美とくつろぎの休日プラン
アロマセラピーボディ
タイ古式マッサージ
アロマ腸セラピー
フェイシャルエステ

アールドナチュール

アールドナチュール

 

D I A R Y 2016


サロンを続けるためには③

2016/11/30

 

皆さま、こんにちは♪ 東京では早くも雪が降ったそうですね!
宮古島もすっかり寒くなり、冬のお天気になってきました。

 

上の写真は、寒くなる前に来間大橋の入り口から撮ったものです。
ご覧の通り曇り空ですので、撮影日和とは言えない日だったのですが、、
それでもこの海の色&透明感♪ やっぱり、宮古の海はスゴイですね!

 

さて、また前回の続きを書いていこうと思います。
(注:今日も初心者セラピストさん向けの記事です。_(._.)_)


前回は、サロンを楽しく長く続けていくためには、最初に自分の性格や本当に望む生活スタイルを知ることが先で、それに合わせて、仕事スタイルを決めていくと良い、というお話でした。

 

今回は、アロマサロンの価格設定について、考えてみたいと思います。
私は、個人で経営していますので、ひとりで行っているプライベートアロマサロンとしての経験から、お話してみますね。

 

意外と忘れがちなのですが、まずひとりでやっている方は、動いている時間全部が仕事の時間ですので、そこを最初にキチンと把握しておくと良いと思います。

 

例えば私でしたら、11:00から3時間のコースが入った場合、実働時間は10:00~16:00くらいになります。短く見ても6時間のお仕事です。また、そこからこだわりのオイルや化粧品、精油、タオル、ガウンなど、諸々の経費を差し引きますので、それでも充実感が持てる価格を設定しました。

 

「気軽にたくさん来ていただきたいのか?」
「いつもより少し、素敵な時間を味わっていただきたいのか?」
「ものすごくスペシャルで、特別な一日を過ごしていただきたいのか?」

 

で、変わってきますので、単に「高め」「安め」「相場」という基準ではなく、上記のように、自分のサロンの雰囲気や目的に合わせて設定すると違和感がないと思います。価格帯は、お客様から「内容に見合わない、高い!」と思われるのもよくないですが、逆に「この価格で大丈夫なんですか??」と思われてしまうのも、決して良いことではありませんので、意外とそこも注意が必要です。

 

(プライベートアロマサロンでしたら、ふり幅はあっても、だいたいひとり当たりの施術時間は60~150分の間で、価格帯の上下は6000~25000円くらいの間でしょうか?その中で、上記の枠に当てはめていきます。)

 

 

【コース・価格設定の3ステップ】

①自分はお客様にどんなことを提供したいのか?出来るのか?を考える。(アロマ・フェイシャル・腸もみ・クラフト作り・リフレなどを通して、特別なご褒美レベルの休日を過ごして頂きたい、、、とか)

②自分の仕事スタイル(前回の記事のテーマ)と①を擦り合わせて、コース内容を組み立てる(私の場合は、のんびり、ロングコースが仕事スタイルなので、『美とくつろぎの休日プラン』(150分~180分コース)など)

③必要としているお客様に、ちゃんと伝える方法を考える。(そういうお客様がサロンを探す手段は、検索からのHPなのか、情報収集のブログなのか、無料のタウン誌なのか? そして、どんな言葉なら、写真なら良さが伝わるのか?なども)

 

という感じで、コース&価格設定はこの繰り返し、そして自分がバージョンアップをするたびに、また変わっていくものだと思います。

 

もし、こういう思考が苦手な方は、逆に一度思いっきり男脳になってみて、『事業計画書』等を書いてみるのが、手っ取り早い方法です。

 

金融機関にプレゼンするくらいの気持ちで、今自分のやっている仕事の全貌を整理してみる。誰にでも通じる言葉を使って、まとめ上げてみる。
と、これがまた、意外に素晴らしい経験値となります。
右も左もわからないという方は、地域の商工会などに入会して、そういうセミナーを受けてみるのも手です。(だいたい無料)

 

 

ここまで書いておいて、こんなことをいうのも変ですが、まぁ、結局のところ、、プライベートアロマサロンの場合は、実際に価格自体が、直接的な来店の動機にはならないんですよね。お客様は単にマッサージをしてほしいだけではなくて、あなたにして欲しくて、あなたとお話をしたいから来てくださるわけです。そういう意味では、セラピスト業はマーケテイングだけでは図れないことが多く、フィーリングの方がずっと大事だったりします。

 

なので、価格は本来は、自分自身が納得できるものであれば、良いのかなとも思います。消耗していると感じずに、働き続けることが出来る配分は、人それぞれ違うと思います。自分が心地よく感じられて、元気に向上心・学習意欲を持ち続けられるくらいが、ちょうど良い気がします。^^

 

昔、セラピスト仲間で話していたことを思い出しました。

「セラピストってさ、お客様に何が出来るか?だけじゃないよね。本当は、セラピスト自身がどう在るか、つまり英語で言ったら’BE’が、一番大切なんだよね!」って。

 

素晴らしい仲間と核心を突いたお話、あの頃からしていたんですね~(笑)

 

でも実は、その頃のわたしは、この意味があんまり分かっていなくて、、、今やっと、’BE’の意味が分かるようになって来たなと感じています。

 

そう考えると、私がセラピストという仕事を選んだのは、’BE’、つまり在り方を整えるためだったのかもしれない、と思えてくるのです。

 

私にとって、セラピストというのは、在り方を学ぶ入口とも言えて。
そして次に、在り方が見えて来た今、本来の自分が得意とする分野の専門家になろうとしている段階に差し掛かっている気がします。

 

 

素敵な仲間とも出会えて、好きな勉強をし続けられて、未来に希望を描くことができる今の環境を作り上げられたこと、それが私にとっての何よりのプライスレスな成果だと思っています。

 

セラピストという生き方を選び、その為には隠し続けていられなかった自分の内面の闇ともしっかり向き合うことが出来て、闇は日の本にさらせば、実は良い活力になるんだなぁと、まさに今、実感している最中です。^^

 

それを、今迄はちゃんと見ようとしないで、闇雲に逃げていたから怖いだけでした。(笑)

 

えっと、、大分話が脱線していますが、^^;初めてサロンを開く方が、一番悩むことが価格設定だと聞いたので、私なりの経験を書いてみましたが、最後は精神論になってしまいましたね。汗 

 

セラピストになって、どこを目指したいのかは人それぞれだと思いますが、せっかくなので、セラピストという生き方を、ぜひ満喫し続けてください!それは、単に仕事だけとも、自分事だけとも言えず、双方が複雑に絡み合って、やっぱりそれは『生き方』としか言えない括りに なってくる感じです。

 

『自分』という生き方を追求するためにも、セラピストはとても良い職業だと思います。どうぞ、良いセラピストライフを!!

 

長くなりましたが、最後までお読みくださり、ありがとうございます。^-^ 

 

 

サロンを続けるためには②

2016/10/27

 

皆さま、こんにちは♪ お元気ですか?
私にしてはめずらしく、早めの更新です。(笑)
上の写真は、宮古島東急リゾートホテルのお庭の一角です。
綺麗に咲いた可憐なお花に、蝶々がとまっています。
月桃の葉とヤシの緑も宮古島らしいですね。

 

さて、早速ですが、前回の続きを書いていこうと思います。

 

前回は、サロンを長く続けていくために、私が一番大切だと思うのは、
『私は毎日、何をしていたいのか?』という質問の答えである。
と、いうことをお話しましたよね。

 

自分には、忙しくしている方が合っているのか?
のんびりペースの方が合っているのか?
人と一緒に居る方が捗るのか?一人きりの方が捗るのか?
そもそも、どんな仕事内容なら、ずっとやっていても苦じゃないのか??
何が向いてる、と感じるのか??

 

それらを、正直に、まずはちょっとワガママなくらいでいいので、
自分の理想の働き方や、仕事内容を、思い描いてみると良いと思います。

 

私は当初、とにかくトリートメントをしたくて、いくつかのサロンにお勤めをしてから、ひとりでサロンを開業しました。
沢山のお客さんに来ていただける、人気のサロンにしたかったです。
予約はビッシリで、その分の売り上げも上がって、というサイクルを作りたかったので、その為の勉強をしたり、実践をしたり、一生懸命でした。

 

おかげで、1年弱くらいの期間で、ある月に予約ビッシリのピークまで持っていくことが出来ました。 でも、その時に私が思ったことは、なんと、、、

 

『 あれ?私、これがしたかったわけじゃなかった・・・。汗 』

 

忙しくなった結果、生活リズムは乱れ、身体はいつも疲れていて、お客様への集中力も欠けてきました。 仕事はいっぱいあって嬉しいけど・・・、なんか違う・・・!と、思い始めたのがこの頃です。

 

10年くらい前のお話です。

 

でもその気持ちには気付いていながらも、のちに世界旅行に出るまでの数年間は、忙しく働いていました。先のことはまだ考えておらず、目の前の仕事だけを毎日こなしていました。

 

好きな仕事をしているのに、忙しいのが大変、と思うなんて、、自分にはこの仕事、ホントは向いていないのかしら・・・?と、思ったりもしました。

 

でも、そうではないんですよね。

 

人それぞれ、心地よさを感じる働き方があって、ペースがあって、仕事内容がある。収入も、自分の目指すところを目的とすれば良いわけで、自分の理想のペースでそこに持っていくにはどういう内容にすればいいかを考える。

 

そうすれば、「あれ?なんか違う?」と思うこともなくなりますし。

(もちろん、実際にやってみなければ、どのペースが好きだなんてこともわかりませんから、やってみて、違和感を感じたときに変えればいいんですけどね!)

そう、仕事内容だけではなく、自分はどういう毎日を暮したいのか?そして、将来はどういう生活を送っていたいのか? バランスよくその両方を叶える為に、、、今やること、今やらないことを選んでいくと、進みやすいかなって思います。

 

私の場合、『毎日の暮らし』ですと・・・

□ 時間的にゆとりのある生活
□ しかし、ノンビリ屋過ぎるので、コーチなどに管理をされていたい
□ 個室に篭るより、適度に人目がある方が仕事が捗る
□ 人と会ったり、話したりすることが、エネルギーチャージの方法

という感じなので、やることが明確に指示されていて、オンオフの区切りがはっきりしていて、比較的外に向かった活動を増やすと楽しく仕事ができると考えられます。

 

また、『将来の生活』を考えると・・・

□ 刺激を与え合える仕事仲間と、切磋琢磨し続けていたい
□ その中で、自分の得意なことだけを、役割にしていたい
□ 時間や行動の自由がきく状態
□ お金で制限を感じない状態

を、作っていきたいと考えています。
この為には、ノンビリ、ゆとりある生活だけではいつまで経っても叶いませんので・・・(笑) ちゃんと将来のプランを練って、それに向かった作業に取り組む必要が出てきます。でも、私の場合、毎日の生活もゆとりを楽しみたいので、嫌になってしまう程の量は入れませんし、(ここがバランスですね。)スピード達成より、じっくり達成を選びます。

 

サロンを長く、楽しく続けていくためには、
まず、自分のスタイルをみつけることが、大切な最初の一歩ですネ♪

 

次回は、サロン単価の決め方について、書いていきますね。

 

ではでは、最後までお読みくださり、ありがとうございます。^-^

 

サロンを続けるためには

2016/10/07

 

皆さま、こんにちは♪
宮古島の観光シーズンも、残りわずかの季節になってきました。
昼間太陽が出ると、まだまだ暑いですが、日が暮れるのが早かったり、
時折吹く風が爽やかだったりと、秋の訪れを感じます。

 

今年の夏は、DIARYを更新していなかったにも関わらず、
ホームページからのご予約を沢山頂き、どうもありがとうございました。 これからは、もう少し定期的に書いていこうと思います♪

 

さて、先日、出張で東京に行ってきました。
10年位前に東京でサロンを開業していた時のセラピスト仲間に招かれて、 セミナーのゲスト講師としてお話をしてきました。

テーマは、「セラピストとしての生き方」でした。

 

私は、プロフィールにもある通り、東京で育ち、東京でアロマサロンを開いていたのですが、その後、お店を閉めて夫婦で世界旅行に行き、更に宮古島に移住をして、またサロンを開業する。という、ちょっと思い切った人生を送っているので、是非そのお話を聞かせて!とのことでした。

↓↓主催者のお友達が、当日のレポートを書いてくれました。↓↓

セラピストでいつづけたい!@課外授業

自分のマネージメントが苦手なら

 

受講者さん達からの質問をお受けして、お話を進めていくようなタイプの講座だったのですが、皆さんが聞きたいことをシンプルに纏めると、つまり、、、「どうやって開業するとうまくいくのか?」そして、「どうやったら生計を立てて続けていけるのか?」と、いうことでした。

 

講座の中では、伝えきれなかったこともあると思いますので、ここにも少し書いてみようと思います。

 

まず、セラピストって開業するのはとっても簡単なんですね。
開業します!って税務署にいって、紙を1枚書いたらお終いです。(笑)
公的な資格も要らないし、保健所の許可も要りません。
何らかのセラピー技術を一つでも持っていたら誰でも始められます。

むずかしいのは、続けていくこと。だと、思います。

 

個人サロンが長く続いていくために、私が一番大切だと思う自分への質問があって、、、それは、、、 『私は毎日、何をしていたいのか?』なんです。

生計を立てて・・・というのがポイントなので、例えば、1日の売上目標が2万円だとします。そうすると単純に施術のみのサロンだとすると、コースが4000円なら5名セラピーする、1万円なら2名する、2万円なら1名の計算ですね。優劣ではなく、忙しくしている方がイキイキするのか、のんびりの方が快適なのか、自分にはどういう働き方が合っているのか、それを知るのが、長く続けていく為の最初の一歩だと思います。

(といっても、私も散々試行錯誤して、今のペースに落ち着いたのですが・・・♪)

 

長くなってしまったので、続きは次回に繋げますね。^-^

 

一年のはじまり

2016/01/26

 

皆さま、こんにちは♪
お久しぶりです。お元気ですか?
2016年がはじまって、早いものでもう一月ですね・・!

 

今年の宮古島はとっても寒くて、(全国的にも?)
先日は最低気温が7.6℃!という、こちらに来てからは、
見たことのない数字が打ち出され、島中が震えていました。

 

人だけでなく、魚も寒さに気を失い、、、
スズメも、道路で肩を寄せ合って震えていたそうです。(笑)

 

が、今日はうって変わって良いお天気に恵まれ、
気温も20℃を超え。ぽかぽか陽気♪ これぞ宮古の冬です。

 

あっという間に、1月も終盤ですが、今年はどんな一年にしようかな?
など、ビジョンはもう描かれましたか??

 

私も色々と、目標や計画はあるのですが、2015年は仕事のことを
結構しっかりと、出来ることを出来るかぎり、突っ走ってきましたので、
2016年はもう少しリラックスして、自分の楽しみの割合を、
ふやしていこうと思っています。

 

辿りつきたい未来は明確、なのだけど、、
突っ走って一っ飛びにそこにいかなくても、いいのかも。
と、この頃やっと少し、思えるようになってきました。

 

ついつい、未来を設定すると、目標に到達することだけに注力してしまい、
周りの景色を見るのをうっかり忘れてしまう私なので、
今年は、やることは遣りつつも、周りの景色を眺めながら、
楽しんで、余裕をもって、歩いていけたら・・って思います。

 

でも、きっとそもそも、本当は一っ飛びはないんですよね。
焦っている時にも、周りの景色はあるし、
穏やかな時間も、そこには流れている・・・、見えていないだけで。

 

どんな時間を過ごすのか、
何を心に思い浮かべるのか、
何を捨てて、何を選ぶのか、

 

それらを、すべて「私自身の心地よさ」 を、
基準にして形作っていけたら、、、
とってもエレガントだなぁ、と、妄想しています。。^^

 


2016年は・・・
「辿りつきたい未来への時間」と 「今この時を優雅に過ごす」の、両立。
と、してみます♪ 具体的なビジョンは手帳に書いておきます。

 

そういえば、今を優雅に、、の為に、新年早々やってみたことがあります。
それは、お花の寄せ植えを作ること、です。
ま、寄せ植えといっても、同じ種類のお花の苗を買ってきて鉢に植え替えるだけなのですが、、、切り花を買う時とは、また違った美しさとトキメキを感じます。生命力、が違うのかもしれません。

 

深紅のミニバラと、パープル&白のビオラ。
わたしの中での、パリのアパルトマンな色彩です。(笑)

 

それでは今年も、アールドナチュールをどうぞよろしくお願い致します!